False discovery rate(FDR) とは

False discovery rate (FDR,誤検出率)は、棄却された帰無仮説のうち、誤って棄却された真の帰無仮説の割合のこと。

多重比較法において、この割合を制御する方法があり、Benjamini & Hochberg 法(BH 法)がよく用いられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。