Rでサンプルデータを読み込む方法

データ解析をするうえでデータセットは必須ですが、Rをインストールした時点でたくさんのデータセットが一緒にインストールされます。

そして、それらのデータセットを解析の練習に使うことができます。

そのデータセットを使う方法は、とても簡単です。

使いたいデータセットを決める

以下のサイトに、データセットの一覧が掲載してあります。

この中から、自分の目的に合ったデータセットを選びます。

R: The R Datasets Package (ethz.ch)

サイトを開くと、以下のような画面が表示され、左側にデータセットの名前、右側にデータセットの説明が書かれています。

さらに、データセット名のリンクをクリックすると、そのデータセットに関する詳細な説明を見ることができます。

  • Description:データセットの簡単な説明
  • Usage:使用方法。この下の文字列を用いてデータセットを読み込める。
  • Details:データセットに関する詳細な説明。各変数の意味はここに書いてある。
  • Source:情報源、資料
  • References:参考文献
  • Exsample:使用方法の例

from:R: Ability and Intelligence Tests (ethz.ch)

データセットを読み込む

データセットを読み込むためには、sample() を使用します。

sample(ability.cov)

以下のような、データセットに関する情報が表示されれば、読み込み完了です

$center
[1] 0 0 0 0 0 0

$n.obs
[1] 112

$cov
        general picture  blocks   maze reading   vocab
general  24.641   5.991  33.520  6.023  20.755  29.701
picture   5.991   6.700  18.137  1.782   4.936   7.204
blocks   33.520  18.137 149.831 19.424  31.430  50.753
maze      6.023   1.782  19.424 12.711   4.757   9.075
reading  20.755   4.936  31.430  4.757  52.604  66.762
vocab    29.701   7.204  50.753  9.075  66.762 135.292

また、データセットの中身を確認したいときはView()を使います。

view(ability.cov)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。