バイオリンプロットの作り方(ggplot2)

#Install the package
install.packages("ggplot2")   #パッケージのインストール
library(ggplot2) #パッケージの呼び出し


#Preparation of dataset
sample(CO2)   #サンプルデータセット読み込み
attach(CO2) 
Type <- as.factor(Type) #Typeを因子型に変換する

#Create violin plot
ggplot(CO2, aes(x=Type, y=uptake), fill=Type)) +
  geom_violin() +
  theme_bw() #バイオリンプロット作成

回帰モデルの残差の分布を確認することもできる。

lm1 <- lm(uptake ~ Type, data=CO2) #回帰モデル作成

#Create violin plot
ggplot(CO2, aes(x=Type, y=resid(lm1), fill=Type)) +
  geom_violin() +
  theme_bw() #バイオリンプロット作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。