データの行列や配列の大きさを確認する:dim()

dim関数を使うと、データの行列や配列、データフレームの次元を確認することができる。

data(iris) #データ呼び出し

dim(iris)  
> dim(iris) 
[1] 150   5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。