Friedman rank sum test (フリードマン順位和検定)

フリードマン順位和検定の概要

母集団分布の仮定ノンパラメトリック
群の数2群以上
対応の有無あり

使用方法

friedman.test(y, groups, blocks, …)

ベクトルか行列か確認する方法

ベクトルか行列かを確認するには、is.matrix()is.vector()が使える。

s <- matrix(c(1,2,3,4,5,6,7,8,9),3,3) 
s               

#     [,1] [,2] [,3]
#[1,]    1    4    7
#[2,]    2    5    8
#[3,]    3    6    9

is.matrix(s)   
#[1] TRUE

is.vector(s)
#[1] FALSE

欠損値の取り扱いについて

friedman.test(y, groups, blocks, …)

上記の式において、groups やblocks にNA(欠損値)が含まれているとエラーとなるため、事前に除外しておく必要があります。
また、もしもyにNAが含まれている場合は、それに対応するブロックは削除されます。

その他の検定方法

データが対応のある2群の比較をしたい場合は、ウィルコクソンの符号付順位和検定を用いる。

対応のない2群以上の比較をしたい場合は、クラスカル・ウォリス検定を用いる。

参考

https://www.rdocumentation.org/packages/stats/versions/3.6.2/topics/friedman.test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。