くるくる腸内細菌叢 #今年読んだ一番好きな論文2021

#今年読んだ一番好きな論文2021という面白い企画を見つけたので参戦します。つい一年前までは、ただ苦しみながら論文を読んでいて「好きな論文」を考えることすらできなかったのですが、数をこなす中で最近やっと論文を読むのが楽しくなってきました。そんなときにこちらの企画を見つけ、参加させていただくことにしました。

選んだ論文のタイトルは、

Seasonal Cycling in the Gut Microbiome of the Hadza Hunter-Gatherers of Tanzania
タンザニアの狩猟採集民族 ハッザ族の腸内細菌叢の季節的周期

です。

これは、アフリカのタンザニアに住む狩猟採集民族のハッザ属の腸内細菌を一年間にわたって縦断的に調査した研究です。

なんでこの論文が #今年読んだ一番好きな論文2021か説明するのは難しいですが、一言で言えば今年一番頭から離れなかった論文だったからです。

以下にファイルを貼り付けます。

Loader Loading…
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

補足

同様の研究を調べてみました。

  • ウクライナ人を対象とした研究でも、Bacteroidetesは季節による変化があり、その一方でFirmicutesは季節の変化が少なかったという同様の報告がされていた¹。
  • 日本人の高齢者を対象とした研究では、一年間で腸内細菌叢が大きく変化したのは全体の約10分の1だった²。
  • イヌイット民族を対象とした研究では、伝統的な食事をしていた人で腸内細菌叢の変化が大きかったことを報告していた³。
  • モンゴル人を対象とした研究では、ウランバートル(都市部)に住む人は年間を通して食生活の変化が少なく腸内細菌叢も変化が少なかったが、牧草地帯のKhentiiに住む人は食事の変化があり、腸内細菌叢も変化していた⁴。

参考文献

  1. Koliada A, Moseiko V, Romanenko M, Piven L, Lushchak O, Kryzhanovska N, Guryanov V, Vaiserman A. Seasonal variation in gut microbiota composition: cross-sectional evidence from Ukrainian population. BMC Microbiol. 2020 Apr 21;20(1):100. doi: 10.1186/s12866-020-01786-8. PMID: 32316935; PMCID: PMC7175530.
  2. Amamoto R, Shimamoto K, Park S, Matsumoto H, Shimizu K, Katto M, Tsuji H, Matsubara S, Shephard RJ, Aoyagi Y. Yearly changes in the composition of gut microbiota in the elderly, and the effect of lactobacilli intake on these changes. Sci Rep. 2021 Jun 17;11(1):12765. doi: 10.1038/s41598-021-91917-6. Erratum in: Sci Rep. 2021 Aug 4;11(1):16224. PMID: 34140561; PMCID: PMC8211673.
  3. Dubois G, Girard C, Lapointe FJ, Shapiro BJ. The Inuit gut microbiome is dynamic over time and shaped by traditional foods. Microbiome. 2017 Nov 16;5(1):151. doi: 10.1186/s40168-017-0370-7. PMID: 29145891; PMCID: PMC5689144.
  4. Zhang J, Guo Z, Lim AA, Zheng Y, Koh EY, Ho D, Qiao J, Huo D, Hou Q, Huang W, Wang L, Javzandulam C, Narangerel C, Jirimutu, Menghebilige, Lee YK, Zhang H. Mongolians core gut microbiota and its correlation with seasonal dietary changes. Sci Rep. 2014 May 16;4:5001. doi: 10.1038/srep05001. PMID: 24833488; PMCID: PMC4023135.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。